HOME>アーカイブ>地図が苦手な場合でも安心して働くことが出来ます

若手の進出が顕著

タクシーの模型

現在のタクシー業界で懸念されているのが、ドライバーの高齢化だと言われています。地方に行くほど深刻で、売り手市場になっているようです。その一方で、都市部においては若手のドライバーが増えています。業界全体に活気が出ていて、サービスの質が上がることは利用する側にとってはありがたいのではないでしょうか。タクシー運転手の最大の魅力は、頑張れば頑張るほど給与に跳ね返ることです。基本給は低めに設定されていますが、歩合給は高めに設定されています。ルートや効率の良い走り方を覚えることで、無駄がなくなって時間を有効に使うことが出来ます。また、高性能のナビゲーションが備わっているので、道を覚えるのが苦手な方でも安心です。そして、定年後の再就職に強いのが特長でもあります。全くの未経験であっても、優しく丁寧な指導をしてくれます。長く続けられる仕事ではないでしょうか。

女性の活躍が目立つ

タクシー

都市部のタクシー運転手で目立つのが、女性の割合だと言われています。30〜40代の進出が増えていて、業界に新しい風を吹き込んでくれています。タクシー運転手は夜の仕事というイメージがありますが、昼勤務に専任することも可能です。従って子育て中のお母さんであっても、保育園に子どもを預けて働くことが出来ます。また、応募の段階では二種免許を持っていなくても構いません。免許取得には補助金制度があるので、金銭的な負担は少なくて済みます。入社数年のタクシー運転手であっても、年収が600万円を超えるケースがあります。お客さんから指名が入る場合もありますし、やりがいを感じながら働けるのではないでしょうか。多くのタクシー会社が参加する面接会も、定期的に開催されています。

広告募集中